その他

チアリーダーには種類がある!!!!

和歌山市、貝塚市、岸和田市、堺市、

関西各地で元気な笑顔を育成中☆彡

チアダンスで楽しみながら生きる力を身につけよう♪

運動が苦手でもポンポンを持つと楽しく踊れちゃうよ!

※見学、体験のご予約はご希望日の前日までにお願い致します。
※イベント出演や発表会、大会出場前はご希望のお日にちでお受けできない場合があります。
 予めご了承ください。

チアリーダーは5種類存在する!?

「チアリーダー」と一言でまとめられているけれど、

実は数種類の種目があるってご存知ですか?


アメリカで生まれた「CHEER」とゆう競技ですが、

日本ではまだ中々知られていないその種目の実態をお伝えしたいと思います^^

チアガール部門

これは本気でチアリーダーをしている人からするとイラッとする言葉なのでご注意を!

どんな人を指しているかというと、

いわゆるキャンペーンガール。

「チアリーダーもどき」です。



チアリーダーって、見た目に反して中身は本気なんですよ笑

短いスカート履いて、ポンポンを持って、

笑顔振りまいて楽しそうに見える。

でもその裏に壮絶な努力がある。

なんだけれども日本ではその努力をせずして見た目だけ真似をしたチアガールが多い。

BUNNYSではここの層は育てていませんので悪しからず。


チアリーディング部門

チアリーダーと言えば真っ先に頭に浮かぶであろう姿がこちら。


画像はピンタレストから拝借。


人を乗せたり、飛ばしたりするやつですね笑

これらの総称は「スタンツ」と言います。

練習をするとききも、本番の披露する場所でも、

天井の高さ確認が必須です。



何を隠そう私(BUNNYS代表yoko)のチアのスタートラインはこれでした。

大学時代にこういうのをやっていました^^

その時の写真を出したかったけれど、

どこにしまい込んだかわからないのでまた探しておきます笑



チアリーディングで有名な映画といえば、

「チアーズ!」というアメリカの映画。

アメリカ版は「Bring it on!」と言います。

私はこの映画を見て初めてチアリーダーの存在を知りました。

DVDも持っているくらいこの映画に虜になったんですよね^^

ぜひ一度観てみてください。




チアダンス部門(POM部門編)

BUNNYSのレッスン内容はこれです^^

天井の高さ確認は不要です笑

ポンポンを持って踊ります。



ポンポンの動き方や

フォーメーションチェンジの動きを

見ているお客さんに楽しんでもらえるようにすることが暗黙のルールです。

チアダンス部門(ソングリーディング部門)

実はチアダンスって1つではなく、

POM部門というのと、

ソングリーディング部門というのが存在します。



POM部門はその名の通り、

演技中の大半をポンポンを持って踊ることが必須であり、

片手技やリフトと呼ばれる人を持ち上げる(チアリーディングほどの高さではない)際には

ポンポンを置くこともありますが、

基本的にはずっと持ったまま踊るのがPOM部門です。



それに対してソングリーディング部門は、

ポンポンを持つのはチアと呼ばれるダンスを踊る時だけ。

どういうことかというと、

ソングリーディング部門では

チアのダンスだけではなくて、

ジャズダンス、ヒップホップダンスも構成の中に取り入れなければいけません。

よって、

ジャズダンスやヒップホップのダンスを踊る時にはポンポンは持ちません。

そして、

チアダンス部門では衣装はいわゆるユニフォームなのに対して、

ソングリーディング部門はユニフォームというよりは衣装。



有名所では映画「チアダン」で実話として放映された

福井商業高校JETSさんですね。

写真はこれまたピンタレストから拝借しましたが、

これは映画「チアダン」の様子でしょうね。

ご覧の通り、

ユニフォームというよりは衣装なのがお分かりいただけましたでしょうか?


スポーツ応援部門

 最後になりましたが、

そもそもチアガアメリカで生まれたのは、

アメリカンフットボールという競技を応援するため。


応援チアは

チームによってはチアリーディングとチアダンスを両方取り入れていたり、

チアリーディングだけだったり、

チアダンスだけだったり、

チームによってどういう応援スタイルになるかは違います。


そして、

チアダンスとは言っても

BUNNYSで踊っているようなダンスとはニュアンスが違います。

代表的なのはNFLやNBLのチアリーダー達。

チアダンスをする人にとっては憧れの存在で、

毎年トライアウト(オーディション)が実施されて毎年メンバーが入れ替わります。

そのトライアウトが狭き門なんです。

全米、いや、全世界から3,000人くらいが受けにきて、

3次先行まであり、

その中でふるいにかけられて合格できるのはわずか30名弱。

壮絶な戦いなわけですが、

これは実はプロ契約ではないんです。



日本でもアメリカでも、

どこかのチームの専属として活動をしているチアリーダーは、

平日は普通に仕事をしています。

仕事が終わってから練習に行って、

土日になったら試合に行く。

交通手段も自分たち次第で、

交通費は支給されたらいい方だったりします。



何を隠そう私もOL時代の生活はこれでした笑

めっちゃくちゃ正直しんどい。

でも本番の楽しさ、

応援する楽しさがあるから続けました^^

BUNNYSっ子からも将来誰かこれになってくれたら面白いのにな〜なんて思ったり思わなかったり^^

 しつこいですが、

写真はピンタレストから笑




毎年日本人もチャレンジしていて、

合格すれば所属できます。

写真右端の方は日本人ですね^^




言い忘れましたが、

アメリカでは合格してもその中から更に次の試合のメンバーは何人で、

誰が出れますといったような事が当たり前となっています^^



ユニフォームやポンポンも数種類あるので、

忘れ物や間違いがないかチェックするのも大変です。

チアリーダーの種類、全部ご存知でしたか?

これからチアリーダーを見かけたら、

あれはどのタイプのチアリーダーなのか当ててみてくださいね^^

 

お知らせ

お知らせ1:各クラスへの体験、入会について

現在発表会出演のため新規入会及び体験をお断りしております。(見学は可能です)

各クラスの受入再開は以下の通りです。

和歌山校:2021年3月15日

貝塚校:2021年3月18日

岸和田校:2021年4月9日

お知らせ2:ダウン症児向けクラスについて

2021年3月までは発表会に専念のため体験、新規入会はお受けできません。

 

ご予約はお問い合わせフォーム、もしくはLINE公式アカウントからお願いいたします。

2021年度メンバー募集について

2021年4月〜2022年3月まで一緒に活動する2021年度大会選抜メンバーを募集します。

詳しくはこちらのページからご確認ください。
▶︎https://bunnyscheerdance.com/archives/1660

無料体験会のご案内

2021年3月29日、4月1日、4月2日、4月3日の4回に渡り無料でレッスンを体験いただけます。

詳しくはこちらのページからご確認ください。
▶︎https://bunnyscheerdance.com/archives/1455

-その他
-

© 2021 バニーズチアダンスクラブ Powered by STINGER