その他

朝から号泣。そのワケは?ー和歌山市貝塚市岸和田市堺市チアダンス教室

和歌山市、貝塚市、岸和田市、堺市、
関西各地で元気な笑顔を育成中☆彡

チアダンスで楽しみながら生きる力を身につけよう♪

運動が苦手でもポンポンを持つと楽しく踊れちゃうよ!

※見学、体験のご予約はご希望日の前日までにお願い致します。
※イベント出演や発表会、大会出場前はご希望のお日にちでお受けできない場合があります。
 予めご了承ください。


今日からレッスンを再開するクラスもある、

やっとみんなと練習ができるぜ〜!

と張り切って起きた、

そんな月曜日の朝にも関わらず、朝から号泣。

「レッスンに行きたくないよ〜!

仕事したくないよ〜!」

という号泣ではないです笑

ではなぜ朝から号泣したのか。





朝は大体いつも日テレの「スッキリ!」を観ることが多く、

観ているというかバックミュジックのように片耳で

時事ニュースを確認しつつ、

その日の段取りややることを書き出している。

そんな感じです。



で、

今朝も漏れなく観ていました。

すると、


広島県の男子高校生、チア男子に密着!


と聞こえてきたので目をテレビの方へ移しました。



広島県の瀬戸内高校(だったかな?笑)に通う

高校3年生の男の子に密着したというコーナーでした。


その男の子は高校1年生の時はバスケ部だったそうですが、

怪我を機にバスケ部から遠ざかり、

そんな時たまたま目にしたチアリーディングの練習に胸を打たれ、

高校2年生からチアリーディング部に所属し

応援される側から応援する側へ転身したんだそうです。



はい、ここまでの時点ですでに少しやられました。

そもそも私はスポ根物に頗る弱いのですが、

特にチア関係のものは

自分が現役で活動してきた時の経験もあるし、

指導者としての経験もあり、

スポ根の中でもダントツに泣くタイミングが速いです笑

それは、

他の人々がまだそこ泣くとこじゃ無いでっていうところでも

泣き出したりします笑


そしてその後、

全国大会への道のりを映してくれるわけですよ。

チアリーディングの人の上に人を乗せて、さらにその上にまた人を乗せる、

いわゆる3段になっているものを「ピラミッド」と言います。


簡単そうにやっているけれど、

あれは全然簡単じゃなくて、

全員の息が合って、

落ちても取ってくれる、

落ちてきたら絶対に取って怪我をさせない

という相互の信頼がないと為し得ません。




そしてそれは何度も練習し、

できる時もあればできない時もあり、

それだけ単発で練習したら成功率は上がってきたと思っても、

構成の全てを通してやってみると成功率が下がったりします。

練習で何度もできたとしても

本番で失敗することだってあります。

失敗の具合が悪ければ骨折したりもします。

そうやって準備してくるから、

本番で成功した時のメンバーのエネルギーって凄いものがあるんですよね。

そして観客席にいる人はそれにすごく感動を覚えます。


今日紹介されていた男子高校生のいるチームは、

メインとなる大技の、

練習での成功率は多分50%とかだったのかな?という感じでした。

全国大会への切符をかけた予選大会、

その大技は成功しました!

その技は成功したけれど、

全国大会へは1.5点足りませんでした。

けれどそのチームにとっては過去最高点だったようで、

メンバーの顔は達成感に満ちた顔をしていました^^


大学はチアリーディング大会で

何度も全国1位をとったことのある

日本文理大学に進学して、

チアリーディングを続けていくんですって^^

朝っぱらから泣くとは思いもしなかったけど、

でもこのタイミングでその映像を観せてもらえてよかった。

より一層今日から張り切れそうです♪


よっしゃー!

休みの間になまった体をしごきあげるぞー!笑

-その他

© 2021 バニーズチアダンスクラブ Powered by STINGER